自宅の屋根が崩壊し、その修理代を聞いてびっくり

私がお金を借りたいと思ってしまう時は今年ありました。それは住んでいる家の修理代が必要となったときです。

恥ずかしながら我が家は築100年近いオンボロの木造住宅です。当然あちこちにほころびが生じており、何処かが壊れた際には応急処置で誤魔化してきたのです。

ところが今年になって、応急処置では対処できないほどのことが起こってしまったのです。大雨の影響を受けたおかげで屋根から水が漏れたあげくに天井に綺麗な穴が空いてしまったのです。

以前から雨漏れはしていると把握はしていたのですが、まさか屋根が崩れて瓦が落ちてくるとは思いもしませんでした。

急いで近くの工務店に電話をして見積もりに来てもらったのですが、その金額は我が家の家計ではとても支払えないような金額だったのです。結局月に数千円を支払うという形で工事をしてもらえるようになり、何とか屋根と天井を修理することができました。

しかし、もしも融通がきかない工務店だったら月払いというわけにはいきません。そういった場合にはやはり消費者金融からお金を借り入れるしかないと思います。

どうして消費者金融から借り入れるのかと言いますと知人や親戚にお金を借りるという行為はできれば避けたいからです。貧乏ではあるもののプライドはしっかりしており、知人や親戚にはお金に困っていることを知られたくないのです。

従って消費者金融ならば個人のプライバシーも保ってくれるので、お金を借り入れるにはベストな方法だと思います。

ちなみにこれまで消費者金融からお金を借りたことはバイクを購入する際に借りたことがあります。

お金借り入れ※少額のお金を借りるならカードローンがベストだね

主婦の私がお金を欲しいと思ったとき

私は家庭の事情で専業主婦なので、自由に使えるお金は多くありません。生活していく分には困りませんが、贅沢をしたり、私のお小遣いになるようなお金の余裕はありません。

周りの友人たちを見ると、まだ結婚している子が少なく、自由気ままな独身生活を謳歌しています。自分の稼ぎは、すべて自分のために使える、そんな生活を見てしまうとうらやましくて仕方なくなります。私も独身の友人のように、きれいに着飾ったり、リッチなランチをしたいと思ったとき、誰かに借りてでも主婦でもお金が欲しいと思ってしまいます。
また、家族で買い物や外食へ行ったとき、値段ばかり気にして心から楽しめないときに、お金が欲しいと思います。一度でいいから、お金の心配をせず、遊んでみたいと思ってしまいます。

消費者金融は、昔兄が利用して返済に困った姿を見ていたので、利用しようとは思いません。なんとか夫のお給料でやりくりし、少しずつへそくりを増やしていく方が、時間はかかりますが、安心できます。

私がもし、本当に困って誰かにお金を借りるとしたら、姉に借りると思います。姉とは歳が10歳以上離れているせいか、私のことを常に心配してくれて、困ったときはいつでも助けてくれます。経済的にも余裕があり、たまに会ったときは食事などをおごってくれたりします。そんな姉なら、私が事情をきちんと話せば、10万円は貸してくれると思います。でも、姉妹だからといっても、お金が絡むと関係が壊れてしまうことがあるので、もしも借りたときはきっちり返済していきたいと思います。

できるだけ利用したくないキャッシングサービス

キャッシングの金利がゼロ!

車の事故に遭ったり、病気で入院するなど、予定外の出費が発生することも少なからずあります。金額によっては、貯蓄をしていても足らなくなることもあるでしょう。そうした場合にはキャッシングサービスやクレジットカードなどでお金を借りたいと思うことがないとは言えません。

ですが、私としては出来る限り、こうした金融機関から借り入れることはしたくないと思っています。なぜなら、それは借金=マイナスといったイメージがあるからです。借り入れているということは、自分の資産がマイナスとなっていることであり、資産を少しでも増やすためには、まずはゼロに戻さなければいけません。借金は、借りる時は簡単ですが、返すとなるとそれはとても大変なこととなります。しかも、ようやく返したとしても、それは、やっとゼロというスタート地点に立ったことになるわけです。

しかし、いつ何時、本当にお金が今すぐ必要となる時もあるかもしれません。そういった時には、借りることになるかもしれません。ですが、借りるとしても、自分が返すことができる範囲内での借入額に留めたいと思っています。できることなら、無利息サービスがある金融会社で、そのサービス期間内のうちに返すことができる数万円までで抑えたいです。数十万、数百万というお金を1度借りてしまったら、一生返し続けることになると思うので、それはどうしても避けたいです。もし多額のお金が必要な場合には、親兄弟に借金する方を選ぶかと思います。

クレジットカードのポイントの使い道

クレジットカードを利用する大きな目的の一つにポイント還元による節約があります。

おそらくポイント還元されないようなクレジットカードは私は利用しないでしょう。

そうなればクレジットカードを選ぶうえで最も重要なのはポイント還元率なのは明らかなのですが、実はもう一つ重要視していることがあります。

それはクレジットカードのポイントの使い道です。

どのクレジットカードとは言いません、ポイント還元率はいいのですが、ポイントの使い勝手が悪いクレジットカードは敬遠しています。

クレジットカードのすゝめ

生活をする上で知っていると得する情報、知らないと損する情報があります。その一つがクレジットカードの情報だと私は思います。

私の生活はクレジットカードを使いだしてから大きく変わりました。どのように変わったかというと、より良い方向に変わりました。

以前の私は現金主義で、全てを現金で払っていました。今はクレジットカードが使えるものは全てカードで払っています。

なぜ現金主義の私がそうなったか?得だという事を知ったからです。カードを使うことによって①カードにポイントが溜まってポイントで買い物ができる②大金を持ち歩かなくていい③インターネットでの買い物が便利この三点はどのカードでもほぼ共通のお得ポイントです。

あと私の使っているカードは使用したらメールが届くので勝手に使われても早く対処できます。これらだけでも十分です。クレジットカードは便利です、悩んでいる方がいたら私は迷わずオススメします。